サボリーマンが宝塚記念と有馬記念で帯馬券を目指すブログ

まだ見ぬ「帯馬券」獲得を目指して宝塚記念と有馬記念で帯獲得を目指す。両レースでの資金はそれぞれのレース開催前日までに的中した馬券の儲けを全て貯めて、貯まった分を全額投資。ワイド馬券に希望を託し、一流のワイダ―になる事がもう1つの目標。

【宝塚記念資金を稼ぐ戦い】1月の月間収支を振り返る

おはようございます、サボリーマンです。

いやはや、馬券が絶不調過ぎて週初めの月曜日から一切やる気が出ません😒

2020年の競馬も金杯から始まり、1ヶ月が経過したので今月の収支と経過報告、馬券の振り返りをしたいと思います。

 

宝塚記念で帯獲得を目指し、的中分をプールして全額ブッ込む為に馬券を購入していますが、肝心要の馬券が当たりません😪

まず1月の結果はこんな感じです。

2020年1月 収支

f:id:sekiwakedesu:20200127093511p:plain

悲惨

ひさん

ヒサン

HI・SA・N!!

去年より的中率を上げる為に今年からワイド3頭BOXに買い方を変更したにも関わらず、前より悪くなっているんじゃないかと言う疑い。

いや、疑いでは無い。

目を背けてはならない事実だ😭

購入馬券の振り返り

現状を把握すべく、この1ヶ月間の私の印を打った馬たちの着順を調べてみました。

余りの体たらくに「キチンと振り返らなくてはならない」と思った次第です。

結果はこんな感じ。

f:id:sekiwakedesu:20200127094724p:plain

こうやって見ると、1月後半の乱れっぷりが凄まじい🤑

幾らワイドで馬券を購入しているといは言え、カスりもしていない。。。

ワイド馬券と言う事なので配当妙味を追う余り、穴馬ばっかり買っている可能性も否定出来ないので、一応購入馬の人気も調べてみました。

f:id:sekiwakedesu:20200127095141p:plain

この様に詳細を調べると若干、ブンブン丸になっている割合が高い気がしなくもない。
今年の目標は1回辺りの回収金額を犠牲にしたとしても的中率を上げる事を目標にしていたはずなのに途中からブン回し傾向が強くなってしまった。

ここはキチンと反省して2月は改めたい🤥

今後の馬券戦略

1月はほぼワイド3点BOXで馬券を購入したが、結果は上記の様な惨状。

今後はどの買い方がベストな買い方なのかを模索していく為、1ヶ月毎に違う買い方を実践していきたい。

1月・・・ワイド3頭BOX

2月・・・ワイド5頭BOX

3月・・・ワイドフォーメーション(◎から紐へ5点まで)

とりあえず、3月まではこの様に縛りを設けて馬券を買っていきます。

4月以降は3月終了時の馬券状況を踏まえて考えます🙄

と言う事で2月は「ワイド5頭BOX」で勝負します💪 

ワイド5頭BOXで一番危惧する部分は「ガミってしまう」事。

しかし、それを重々承知した上で「ガミり上等😤」で馬券を買います。

当たらなければ宝塚資金もプール出来ないので、まずは当て癖をつけたい。。。

的中率を上げる事を最優先にやっていきます。

宝塚記念への資金プール額

このザマなので大した金額をプール出来ていませんが、一応記録として残しておきます。

f:id:sekiwakedesu:20200127101050p:plain

現在11連敗中。

資金も全然貯まっていません。

2月反攻を目指して頑張ります。。。

 

では週末に👋 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【宝塚記念記念資金を集める戦い】今日の勝負馬券~珍しく午前に参戦~

おはようございます、朝からサボリーマンです。

ここ最近はメインしか馬券を買っていませんでしたが、今日は少し狙ってみたいレースがあったので2レース馬券を買いました。

と言うのも先日、この様な記事を書きあげました。

www.musubimesekiwake.com

今開催での小倉競馬で行われたレースの種牡馬傾向を調べた記事でしたが、そこで注目すべき種牡馬を4頭挙げていたのですが、その内の1頭「ワークフォース産駒」が昨日も小倉7R芝1200m戦で11番人気を2着に持って来ていました。

これで今開催でのワークフォース産駒の芝成績は(1.2.0.1)連対率・複勝率共に75%と言う高水準値を叩き出しています。

芝1200mに限ると(0.2.0.0)とパーフェクト。

その上、7番人気・13番人気・11番人気と人気所が来ているのでは無く、「穴馬」が突っ込んで来ている所に妙味を感じますよね。

そんなワークフォース産駒が本日3Rと9Rにそれぞれ1頭ずつ出走致します。

こりゃ狙わなきゃいけないだろう、と言う事でワークフォース産駒2頭から馬券を買ってみました。

てな訳で今日の勝負馬券、メイン前の前哨戦はコチラ

小倉3レース 3歳未勝利

◎⑬テーオークイーン

〇⑨ビアイ

▲⑫ダイナナフェアリーf:id:sekiwakedesu:20200126103329j:image

小倉9レース 4歳上1勝クラス

◎⑥メガディスカバリー

〇⑨グレートベースン

▲⑪ディープインラヴf:id:sekiwakedesu:20200126103339j:image

 

これで勝負したいと思います👍

だいたいこういう傾向って気付いて実践する頃には「時すでに遅し」なんて事は往々にしてある事だが、果たして結果は如何に。。。

ただ、小倉3レースの方はこういう傾向が出ていなければまず買わない馬だよね。

馬柱だけ見ると到底買える要素無いわ。

 

メイン予想は後程するとして、まずは景気づけの一発期待

 

では、また後で👋

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【宝塚記念資金を集める戦い】今日の勝負馬券~岩清水ステークス~

こんにちは、サボリーマンです👍

 

3場開催でどのレースの馬券を買おうかアレコレ悩んでいる間に気付いたら結構いい時間になってしまっていたので1レースに絞り込みました。

こういう場合、買ったレースが当たらなくて買わなかったレースが当たっていたりしてしょんぼりする事は多々ありますが、3場メインの中で一番自信のあるレースをチョイス。

 

今日の勝負レースはコチラ‼️

京都11レース 岩清水ステークス

◎①ユニコーンライオン

◯⑤グランドロワ

▲⑥アンリミットf:id:sekiwakedesu:20200125145608j:image

今日は☝️で勝負します☺️

出先なので買い目のみで。

 

ではまた明日👋

【AJCC予想 2020年】過去10年分の実績から紐解く予想及び考察~馬場適性と欧州血統~

こんにちは、サボリーマンで御座います。

年齢を重ねたせいか1週間があっという間に過ぎ去っていく気がしてなりません。

しかしながら、1日はとても長く感じてしまう。

私と同じ匂いのする世のサボリーマン達は1日を長く感じ、1週間をとても長く感じている様です。

まだまだ私もその世界では若輩者であると感じた次第です🤓

 

そんなしょうもない話はさておき、今週は日曜に中山競馬場でAJCCが。

京都競馬場で東海ステークスが行われます。

ここでは中山競馬場で行われる「AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)」を過去10年の実績を紐解き、考察していきたいと思います。

中山競馬場は2014年に路盤改修を行っているので2015年からのデータでもよかったかな、と思いつつも10年分で出してしまったので、ここから記載するデータは全て「過去10年分のデータ」となります。

暫し、お付き合い頂ければ幸いです。

意外と長文になったので間すっ飛ばして最後だけでも見て頂ければ、と思います😵

それではどうぞ😃

f:id:sekiwakedesu:20200123173356j:plain

2020年 AJCC 出馬表

今年の出馬表は下記になります。 

f:id:sekiwakedesu:20200124104901p:plain

netkeibaの予想オッズを参考にすると、

1番人気 ミッキースワロー

2番人気 ブラストワンピース

3番人気 ステイフーリッシュ

となっています。

実際の所は多少オッズの変動はあるにせよ、ミッキースワローが1番人気になるのか、ブラストワンピースが1番人気になるのか、と言った所ですね。

過去10年での結果から紐解くAJCC~枠番別編~

まず最初は過去10年間での「枠番毎」の実績を見ていきます。

傾向としてどの枠番が有利なのか、または不利なのかを見極めたいと思います。

では、どうぞ。

f:id:sekiwakedesu:20200123174729p:plain

連対率・複勝率共に良好な成績を残しているのは6枠→4枠ですね。

極端な内枠・外枠より真ん中の枠が比較的良い成績を残しています。

逆に8枠は少しマイナス??

今回外枠に入ってしまったのは、

⑪ブラストワンピース

⑫サトノクロニクル

でした。

上位人気必至の⑪ブラストワンピースですが、果たして。。。

過去10年での結果から紐解くAJCC~馬齢別編~

では次は「馬齢別」での成績を見ましょう。

結果はこんな感じでした。

f:id:sekiwakedesu:20200123175153p:plain

連対率・複勝率ともに良いのは4歳勢。

次いで5歳勢となりますが、8歳勢も侮れない成績を残しています。

ただ9歳以上となってしまうと、全く結果を残していません。

今回の出走馬で該当するのは

④マイネルフロスト

⑦ルミナスウォリアー

この2頭。

過去10年での結果から紐解くAJCC~血統別編~

ここからは「血統別」での成績を見ていきたいと思います。

「父系統別」「種牡馬別」「母父系統別」と3つに分けて、それぞれの過去10年での傾向を見ていきます。

まず最初はコチラから🙄

過去10年での好走血統~父系統編~

下記の表は過去10年間で複勝圏内に入った馬たちの「父系統」をまとめたリストになります。

f:id:sekiwakedesu:20200124085857p:plain

出走頭数的にはSS系が圧倒的多数。

頭数は少ないながらもしっかりと結果を残しているのが「父グレイソヴリン系」

これ全部「ジャングルポケット産駒」が残している結果です。

しかしながら今年の出走馬に父ジャングルポケット産駒は居ません。

過去10年での好走血統~種牡馬編~

次は種牡馬別での成績を見ていきたいと思います。

上記の父系統で「SS系」の数が圧倒していますが、一口に「SS系」と言っても様々なタイプが存在しているので、そこらへんを下記の表で分析したいと思います。

f:id:sekiwakedesu:20200124090854p:plain

「SS系」の中でキッチリと成績を残しているのは「ディープインパクト産駒」でした。

中山芝2200mと相性が良いと言われているステイゴールド産駒ですが、このレースに限って言うと過去10年での連対率5.5%複勝率16.6%となっています。

ただ直近3年で中山芝2200mの成績は連対率16.1%複勝率25.8%です。

この部分をどう評価するか。

過去10年での好走血統~母父系統編~

お次は「母父系統」の成績を見ていきます。

f:id:sekiwakedesu:20200124091824p:plain

母父でも「SS系」の頭数が多く、次いで「ミスプロ系」が頭数では多そうです。

しかしながら、それなりに結果も残していますね。

全体的なイメージとしては「母父〇〇系が良い」と言うより「〇〇の血を保持・内包している方が良い」と考えた方がベターかも知れません。

その部分を下記にて説明します。

過去5年での好走血統から紐解く注目血統

ここからは過去5年で複勝圏内に入った馬たちの血統をもう少し掘り下げます。

今迄10年で見ましたが、路盤改修後の5年に絞った方が顕著な傾向が見られた為、ここでは直近5年の成績を見ていきます。

まず見えてきたのは「欧州型血統」「ノーザンテースト」、これらの血を保持・内包している馬が多く見受けられました。

それらを下記にまとめましたのでご覧下さい。

f:id:sekiwakedesu:20200124101625p:plain

こうやって見ると、「ノーザンテースト」の血を内包している馬が直近5年で7頭も複勝圏内に入ってきています。

そしてもう1つ注目血統として挙げた欧州血統ですが、その中でも「サドラーズウェルズ」の血を内包している馬が4頭、複勝圏内に入ってきています。

次いで、「トニービン」の血を内包している馬が3頭います。

この3つの血統に注目して、それぞれ今年の出走馬の中で該当している馬をピックアップしていきたいと思います。

①ウラヌスチャーム・・・父母母父ノーザンテースト+父母父トニービン

③ミッキースワロー・・・父母父ノーザンテースト

⑤スティッフェリオ・・・父母母父ノーザンテースト

⑥クロスケ・・・父母父トニービン

⑦ルミナスウォリアー・・・父父サドラーズウェルズ

⑧グローブシアター・・・母母父サドラーズウェルズ

※グローブシアターが記載漏れしていましたので追記致しました。

⑩ステイフーリッシュ・・・父母母父ノーザンテースト

⑫サトノクロニクル・・・父母父トニービン

以上8頭がそれぞれ該当しています。

ただ、全12頭中8頭と半分以上が該当してくるので血統だけで絞り込むのは少し難しそうですね。

そこで出てくるのが「馬場適性」です。

上記の表に出走時での「中山芝コース成績」「中山芝2200m成績」を記載しています。

中山芝の内回りと外回りでは厳密に言うと同じでは無いので、今回のAJCCが行われる中山芝2200mで良績を残している馬は問答無用で抑えた方がいいかと思いましたが、意外にも中山芝は走った事あっても中山芝2200mは初めてや惨敗した馬でも巻き返しが見られました。

ただ、総じて言えるのは傾向として「中山競馬場に良績を残している馬」が過去5年で複勝圏内に入ってきている点は上記の表を見て頂ければ分かるかと思います。

2020年 AJCC まとめ

長々と無駄な事を書き連ねてきましたが、ここいらでまとめます。

ここまでのデータ分析した結果をまとめた表がコチラです。

f:id:sekiwakedesu:20200124112848p:plain

上記の点と馬場適性・血統と言った着目ポイントを踏まえ、今回注目したい馬が居ます。

まだ絞り切れていないので3頭挙げさせて頂きます。

過去データから考察する要注目の出走馬

①ウラヌスチャーム

好相性血統のノーザンテーストを内包。

加えてトニービンも内包している。

何より、中山競馬場は(1.3.0.0)とパーフェクトだし、中山芝2200mでもパーフェクト実績。

不安点はミナリク騎手か。

ミナリク騎手の中山芝2200mの成績が芳しくない。

騎乗回数自体が少ないので何とも言えないけど、12回乗って1勝。

他は全て複勝圏外。

中山競馬場芝コース自体でも2018年からの成績で(5.6.6.88)連対率10.4%複勝率16.1%と言った状況。

馬質の問題もあるが、強気にはなれない部分。

⑦ルミナスウォリアー

過去一度も複勝圏内に入っていない9歳馬だが、無理筋承知で狙ってみたい1頭。

血統的には父メイショウサムソンなのでサドラーズウェルズ持ち。

今のタフな中山馬場で外差し傾向が強い状態が続けば一発ありそう。

中山適性も高く、中山競馬場で(1.3.0.3)だし、中山芝2200mも(0.1.0.1)ながら複勝圏外の1回も2年前のAJCCでの4着のもの。

重馬場の函館記念を勝利した事もあるので一雨降れば狙い目の見通しも立つ。

天候次第ながら面白い1頭だと思う。

柴山騎手は中山競馬場芝コースで近5年で(34.28.29.302)連対率15.7%複勝率23.1%に対して中山芝2200mは(0.2.3.27)連対率6.2%複勝率15.6%の成績。

しかし、過去に7番人気のミトラを2着に持ってきた事もあり、侮り難い部分はある。

⑫サトノクロニクル

父ハーツクライなので父母父にノーザンテーストを持つ。

中山成績も(0.1.1.1)と良好で中山芝2200mは(0.1.1.0)、2年前のセントライト記念で3着に持って来ている。

因みに当時の勝馬が③ミッキースワロー。

2着になった阪神大賞典でも後に天皇賞春を勝利するレインボーラインの0.2秒差の2着に来ているなど、実力はある。

ただ何と言っても不安材料は約1年半近い長期休養明け。

去年の勝馬シャケトラも同期間くらいぶりの出走で勝利をしているが、強調出来る部分では無い事は間違いない。

鞍上が大野騎手と言うのも心許ない。

大野騎手は直近5年での中山芝2200mの成績が(0.4.3.43)連対率8%複勝率14%と言った成績。

中山芝トータルだと近5年で(35.43.55.487)連対率12.5%複勝率21.4%なので中山芝2200mは苦手条件なのかも知れない。


現時点、との言い方になりますが上記3頭を注目したいと思います。

本命サイドでは極端な馬場悪化が無ければ③ミッキースワローでいいかと思うのですが、後は当日の馬場状態や脚質傾向を見て最終的に判断したいと思います。

 

長々と書き連ねて失礼いたしました。

 

ではまた、明日👋  

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【小倉開催レース種牡馬傾向】サボリーマンの何となくデータ~小倉競馬芝・ダート全レース~

ここ最近全く馬券が当たらないサボリーマンです。

出足は良かったものの、現在6連敗中と全くいいとこナシ。。。

去年より的中率を上げる為に買い方を変更したのにおかしいな🙄

最近は仕事が忙しくて色んなデータを採って馬券に活用する事も出来ていなかったですが、昨日は仕事が超絶暇で社内ニートを満喫していたので競馬に関するデータを色々調べてみました。

そこで先週土曜日からスタートした小倉競馬での複勝圏内に来た馬たちの種牡馬傾向を芝・ダートそれぞれで調べてみました。

それぞれ試行回数がそんなに多くないので強い傾向が出ているとは言い難い部分もありますが、現時点での傾向として捉えたいと思います。

では、今開催小倉競馬2日間を終えてのそれぞれのデータはこんな感じです。

 

f:id:sekiwakedesu:20200121091147j:plain

1回小倉競馬1・2日開催分 芝レース種牡馬傾向

まず最初は芝レースでの種牡馬傾向を見ていきたいと思います。

複数回出走馬を出している種牡馬が少なく、1頭しか出走していない種牡馬も複数居ますが、「現時点での」データと言う事を踏まえて見て頂ければ幸いです。

では距離別にどうぞ。

小倉芝1200m 種牡馬傾向

先週の土・日曜で芝1200mのレースは計7レースありました。

その7レース分での種牡馬傾向をまとめたのが下記の表です。

※産駒が1頭しか出走しておらず複勝圏内に来ていない種牡馬は表のサイズ上、割愛しております。

f:id:sekiwakedesu:20200121092139p:plain

複勝圏内に来ている種牡馬で複数頭出走馬を出している種牡馬が少なく、何とも言えない状況です。

ここから傾向を見出すのは早計かと思いますが、芝レーストータルでの実績を見てある程度傾向を掴みたいと思います。

小倉芝1800m 種牡馬傾向

次は芝1800mでの傾向になります。

合計レース数は3レースでの傾向となります。

f:id:sekiwakedesu:20200121092537p:plain

小倉芝2000m 種牡馬傾向

次は芝2000mです。

レース数は4レースでの傾向です。

f:id:sekiwakedesu:20200121092831p:plain

小倉芝2600m 種牡馬傾向

芝レース最後は2600mになります。

こちらのレースは両日併せて1レースのみでした。

結果はこの様になっています。

f:id:sekiwakedesu:20200121093020p:plain

小倉競馬2日間を終えての全芝レース合計種牡馬傾向

ではまとめとして、2日間を終えての小倉競馬芝レースでのトータルの成績を見ていきます。

f:id:sekiwakedesu:20200121093631p:plain

ある程度出走頭数がいて、それなりの結果を残しているのは下記の種牡馬かと思います。

・ハービンジャー

・ワークフォース

・ディープインパクト

・ハーツクライ

中でもワークフォースに関して言うと、1800mの1勝クラスで7番人気で1着と、1200mの1200mの3歳未勝利戦で13番人気で2着に突っ込んできています。

雨の影響で重馬場だった事もあってか、タフな馬場コンディションにも強い種牡馬が来ているイメージですかね。

ハービンジャー産駒も2000mの愛知杯でレイホーロマンスが11番人気で3着に。

2600mの呼子特別では7番人気と5番人気で1・2フィニッシュを決めています。

ここで挙げた4頭は今週開催の小倉芝で注目したいと思います。

2日間を終えて不振だった種牡馬たち 芝コース編

ここからは逆にイマイチ成績が振るわなかった種牡馬を見ていきましょう。

あくまで2日間終わった段階での成績なので断言は出来ませんが、傾向と対策を練る為にも一応記載しておきます。

f:id:sekiwakedesu:20200121100744p:plain

ルーラーシップ産駒は勝利実績を残しているものの、延べ出走頭数を考えると複勝率で見てもイマイチですね。

ロードカナロア産駒も然り。

今回の出走馬は余り人気している馬がおらず、平均人気的に8番人気くらいの馬質だった事を踏まえても少し負けすぎかな、とは思います。

ただ、今回の成績だけで見限るのは早計だと思うので様子を見ていきたいと思います。

1回小倉競馬1・2日開催分 ダートレース種牡馬傾向

では次はダートレースでの種牡馬傾向を見ていきます。

ここまで開催分でのダートレースは1000mと1700mのみです。

最初はダート1000mから見ていきましょう。

小倉ダート1000m 種牡馬傾向

2日間を終えて小倉競馬でのダート1000mのレースは2レースでした。

その結果がコチラです。

f:id:sekiwakedesu:20200121101657p:plain

まあ、これも2レースを終えての結果なので何とも言い難いですね🤥

以後も見ていかなければ何とも言えません。

小倉ダート1700m 種牡馬傾向

次はダート1700mです。

この距離のレースは2日間で7レースありました。

ダート1000mよりかは分析しやすい傾向が出ているか🤔

※産駒が1頭しか出走しておらず複勝圏内に来ていない種牡馬は表のサイズ上、割愛しております。

f:id:sekiwakedesu:20200121102140p:plain

ハーツクライ産駒がこの距離で2勝。

それぞれ、2番人気と6番人気で勝利を挙げている。

その他に関しては判断が難しい。

トータルでの実績を見て、ある程度目星を付けたい。

小倉競馬2日間を終えての全ダートレース合計種牡馬傾向

ではダートレースでのまとめをみたいと思います。

f:id:sekiwakedesu:20200121102742p:plain

出走頭数がある程度いて、複勝圏内に複数回きている種牡馬が少なく判断に迷う所。

現時点でピックアップ出来そうなのは下記3頭くらいかな。

・ハーツクライ

・アイルハヴアナザー

・ゴールドアリュール

アイルハヴアナザーに関して追記しておくと、ダート1000mのレースで5番人気で2着と、ダート1700mのレースで7番人気で3着に突っ込んできている。

他に関しては、現時点でジャッジを下すにはやや早計かと思われるので次回以降の結果を踏まえて判断が必要だと思います。

2日間を終えて不振だった種牡馬たち ダートコース編

それでは最後に現時点での成績不振だった種牡馬たちの成績を見ていきます。

芝コース程、顕著な傾向が出ていないので判断に迷う部分が大きいですが参考程度に見て下さいませ。

f:id:sekiwakedesu:20200121105335p:plain

芝コースに於けるロードカナロア産駒程の顕著な傾向が出ていないので、上記の表の種牡馬たちの産駒も以後では巻き返す可能性は十二分に考えられます。

翌週以降の成績を踏まえるともう少し踏み込んだ判断が出来るかも知れません。

まとめ

各条件別での成績をまとめただけの結果になっているので深い考察や傾向の把握にまでは至っていません。

この表を見て、何かしらの傾向を掴んで頂ければ幸いでございます。

それに、こんだけデータを採ったからと言って私の回収率が改善されるとも限りません🤩

寧ろ、より一層回収率が下がるかも😵

 

ではまた、週末に👋
 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【宝塚記念資金を集める戦い】今日の勝負馬券~ 日経新春杯・京成杯~

サボリーマンです。

 

昨日の馬券はただ後悔でしかなく、一日中悶絶していました。。。

愚痴を言っても仕方ないので気持ちを切り替え、今日の馬券に注力したいと思います💪

 

今日は出先からの投稿になるのでサッと買い目のみ。

今日の勝負レースはコチラ‼️

京都11レース 日経新春杯

◎④レッドレオン

◯②レッドジェニアル

▲③マスターコードf:id:sekiwakedesu:20200119134220j:image

中山11レース 京成杯

◎⑥ゼノヴァース

◯⑪ヴィアメント

▲⑩ビターエンダーf:id:sekiwakedesu:20200119134241j:image

 

当たります様に🙏

 

では、また👋

【宝塚記念資金を集める戦い】今日の勝負馬券~愛知杯~

こんにちは、サボリーマンです。。。

我がホームタウンである大阪は、なんだかスッキリしない天候になっております☁️

今日は重賞の愛知杯です。

愛知杯なのに小倉開催と変則的になっている上に小倉の天候も現時点で小雨で稍重となっており、ただでさえ難解なハンデ戦なのに、より一層難解になっており難しい予想になりました😅

 

そんな訳で今日の勝負レースはコチラ❗

小倉11レース 愛知杯

◎⑧パッシングスルー

◯③レイホーロマンス

▲⑮ポンデザールf:id:sekiwakedesu:20200118134433j:image

見解

◎⑧パッシングスルー

前走秋華賞10着以来のレース。

外枠だった事を考えると今回の4枠8番は条件好転と見る。

冒頭でも触れた様に今回の愛知杯は例年の中京開催では無く小倉開催になるので、愛知杯と同距離の小倉記念を参考にデータを見てみると、トニービンを保持・内包している馬が近5年で5頭馬券に絡んでいる。

このパッシングスルーも父ルーラーシップなのでトニービン内包馬。

小倉は初となるが、コーナー4つの2000mで2勝している点も加点材料と見た上で本命とした。

◯③レイホーロマンス

前走は3000mの万葉ステークスを4着。

ハンデ51㎏から1㎏増の52㎏で参戦。

小倉2000mでのハービンジャー産駒の複勝率は28.6%とまずまずの成績。

加えて、レイホーロマンスは前走時より距離短縮時の成績が(3.2.1.5)となっており、複勝圏外の5回の内4着が3回と掲示板内でと考えると11回中9回掲示板内に来ている。

逆に距離延長時は(1.1.0.10)。

前走から一気に5F短縮となるのでペースに戸惑わなければ一発あるかも。

▲⑮ポンデザール

前走エリザベス女王杯16着とさすがにG1は厳しかったか。

今回は前走の56㎏から54㎏と2㎏減。

初の小倉コース+初の2000m+外枠と未知数な部分が多いが、4勝全て直線平坦コースで挙げている。

ちなみにこの馬も父ハーツクライなのでトニービン内包馬。

 

難解過ぎて若干狙い過ぎた感は否めないですが、荒れる・・・かな?

 

では、また明日👋