サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋】辛さを求めて汗だくの巻 ~サボリーマンのランチ日記 NO,2~ 

誰にも需要の無いサボリーマンのランチ日記!

今回食してきたランチはコチラです!!

【SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋】

東京・銀座にお店を構える同店ですが、関西初出店となる店舗を大阪・梅田の「茶屋町あるこ」にオープンしました。

補足ですが、「茶屋町あるこ」は2019年3月28日に阪急梅田駅の北側高架下に新しく出来た飲食店街です。

かっぱ横丁」のあたりですね~。

 オープン当初から一度行ってみたいとは思いつつ、中々機会に恵まれなかったのですが、ようやっと本日初訪問出来ましたのでレポートしたいと思います。

 

SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋(シビレヌードルズ ろうそくや)

f:id:sekiwakedesu:20190606184928j:plain 

訪問時間帯はPM14:30頃、お昼時は少し過ぎていましたが店内は全て女性客で8名程いらっしゃいました。

女性客の中にメタボオジサンが1人紛れ込み、被害妄想全開のアウェー感を味わったのは言うまでもないです。

こちらのお店は入店時に清算をします。

メニューを店員さんに伝えレシートを受け取り、席に案内されます。

席数は16席で全てカウンター席になっています。

メニュー

ここのお店のメニューはこんな感じになっています。

f:id:sekiwakedesu:20190606185014j:plainf:id:sekiwakedesu:20190606185034j:plain 

恐らく初めてこのお店を訪問される方は高確率で「麻婆麺」をオーダーされるかと思うんですが(店員さんにオススメを聞いたら「麻婆麺」と即答されました)、そんな事はどこ吹く風で「担々麺」をチョイス。

ここで辛さと言う名の「痺れレベル」を選びます。

普辛(2辛)でも結構辛い、と店員さんは教えてくれましたが、とりあえずお初なんで普辛(2辛)を選択。

ランチタイムは15:00までであれば、ご飯がサービスで付きます。

しかしながら節制中のメタボオジサンに「ラーメン・ライス」は天敵です。

グッと我慢しました。

ひとしきりの我慢を自分に課して後はカウンターで暫し待つのみ。

カウンターには味変アイテムとして

・ぶどう山椒オイル

・唐辛子

が置かれています。

 f:id:sekiwakedesu:20190606193120j:plain

画像上部にチラッと見えている白いのは紙エプロンです。

これさえあれば、ダイソンばりの吸引力で麺を啜っても無問題。

担々麺普辛(2辛)

着席して5分くらいでしょうか、比較的スピーディーに着丼。

f:id:sekiwakedesu:20190606193146j:plain 

挽肉・白黒ゴマ・ナッツ・花山椒・揚げ葱・チンゲン菜が綺麗に盛り付けられ、非常に食欲をそそるいで立ちです。

早速スープをテイスティング

ゴマの香ばしさが「我先に」と味覚を刺激し非常に美味です。

そんなに辛くないな~と思っていたら、後からやってくるタイプでした。

めっちゃ辛い、とにかく辛い。

僕はそこまで辛い物が得意では無いので「見た目はオッサン、味覚はキッズ」な僕には少しシゲキックスでした。

でも辛いのは辛いけど、ただ単に辛いだけじゃなくて挽肉の甘みとナッツの甘さが交わり非常に奥深さ(←語彙力無しには便利な単語)を感じました。

 辛さ・痺れと甘さやゴマの香ばしさが上手く交わり全てが一体となり、辛さ・痺れを感じるものの、レンゲを持つ手が止まらない状態に。

麺は中細ストレートで三河製麺さんと言う所の麺を使われているみたいです。

麺リフトの写真も撮影したのですが、余りにも下手くそすぎる写真だったので割愛します。

写真の腕前を上げなくては・・・。

途中、卓上のぶどう山椒オイルで味変しましたが、違いがよく分からなかったです。

オススメされたので一すくい入れてみましたが、もう少し入れた方が違いが分かったのかも知れませんね。

てな訳で完食、大変美味しゅうございました。

店舗情報 

◆住所:大阪市北区芝田1-6-2茶屋町あるこ1F(かっぱ横丁の近くです)

◆営業時間:AM11:00~PM23:00(L,O,22:30)

◆定休日:無休

◆座席数:カウンターのみ16席

混雑状況

オープン当初は並ばれている方が多かったですが、ここ最近はお昼時に近くを通っていないので詳細は分かりませんが、今回僕が行った時間帯(14時前後)くらいであれば待ち無しで席に座れるかと思います。

土日祝だとここのみならずですが、お昼時は人が一杯なので待ちたく無い人は時間をズラした方が賢明かも。

まとめ

今回は辛さを求め、SHIBIRE-NOODLES蝋燭屋さんに行ってきました。

辛い物が得意じゃない、と言っていた割に定期的に辛い物を求めてしまう困ったメタボクズ野郎です。

店員さんの愛想も良く、テキパキされており非常に良いお店さんでした。

ただ1つ難癖をつけるとしたら、若干値段高いよね、これ。

銀座プライスですか?

ランチに¥1,000は躊躇してしまう小市民です。

でも味はとても美味しく非常に満足でした!

次はメインであろう麻婆麺を食べてみたいと思います!

誰の為にもならないオッサンのランチレポートでした!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村