サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【2019年 宝塚記念(G1)予想・考察③】~距離適性・コース適正編~

f:id:sekiwakedesu:20190604114943j:plain

皆さん、こんばんは!

何度も考察をアップして申し訳ありません。

これで最後ですのでお付き合い下さい。

良ければ、ここまでの考察も見て頂ければ幸いです。

www.musubimesekiwake.com

www.musubimesekiwake.com 

 

第60回 宝塚記念 予想・考察①~距離適性・コース適正編~

最後の考察は「コース適正・距離適性」の部分に着目して考察していきたいと思います。

例によって過去10年で複勝圏内に来た馬たちの実績を調べました。

調べた部分は下記の通りです。

①阪神芝2200mの成績

②阪神芝コースの成績

この2点を調べました。

前々回の非根幹距離実績と併せて表を記載します。

スマホで見ると表が凄く見づらかったので馬名はカットしていますので悪しからず。

表を見るのが面倒な場合は下まで飛んで結論を見て頂ければと思います。

2018年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (1.2.0.1) (1.0.0.3) (1.0.0.1) (1.2.0.2)
2着 (出走なし) (0.1.0.0) (出走なし) (出走なし)
3着 (1.0.3.1) (2.1.1.3) (1.0.1.0) (2.1.2.3)

 

2017年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (2.0.0.0) (3.0.0.1) (1.0.0.1) (1.0.0.3)
2着 (出走なし) (2.2.0.2) (0.1.0.0) (0.1.0.1)
3着 (0.1.0.0) (0.0.3.0) (0.0.1.0) (3.3.1.0)

 

2016年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (1.0.4.1) (2.0.0.3) (1.0.0.0) (1.1.0.0)
2着 (3.2.0.0) (0.1.0.0) (0.1.0.0) (0.1.0.0)
3着 (2.0.0.0) (0.0.1.1) (0.0.1.1) (1.1.1.1)

 

2015年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (2.0.0.1) (2.0.0.1) (1.0.0.1) (3.0.0.5)
2着 (1.1.0.1) (0.1.0.3) (0.1.0.1) (2.4.0.3)
3着 (0.2.0.2) (1.0.1.1) (0.0.1.0) (0.1.2.1)

 

2014年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (3.1.0.0) (2.0.0.2) (2.0.0.1) (6.1.0.1)
2着 (4.1.4.4) (0.2.0.4) (0.1.0.2) (3.2.2.7)
3着 (1.1.1.0) (0.1.1.2) (0.0.1.0) (1.2.1.2)

 

2013年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (3.1.0.0) (2.0.0.2) (2.0.0.1) (6.1.0.1)
2着 (1.1.0.2) (1.1.1.1) (0.1.0.0) (1.1.1.1)
3着 (1.0.0.0) (0.0.1.2) (0.0.1.1) (3.0.2.1)

 

2012年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (3.1.0.0) (2.0.0.2) (1.0.0.0) (4.1.0.0)
2着 (1.1.0.2) (1.1.1.1) (0.1.0.1) (3.1.0.2)
3着 (2.2.0.1) (0.0.2.1) (0.0.1.0) (2.3.1.3)

 

2011年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (1.0.0.1) (2.0.2.1) (1.0.2.1) (3.0.1.3)
2着 (0.0.1.0) (1.2.1.0) (0.2.0.0) (3.2.0.0)
3着 (1.0.1.2) (0.0.1.1) (0.0.1.1) (1.1.3.2)

 

2010年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (1.0.0.0) (2.0.0.0) (1.0.0.0) (1.0.0.0)
2着 (0.0.1.0) (1.2.1.0) (0.2.0.0) (3.2.0.0)
3着 (1.0.0.1) (2.0.2.1) (1.0.2.1) (3.0.1.3)

 

2009年 宝塚記念 複勝圏内馬
着順 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
1着 (0.1.1.1) (1.2.1.2) (1.0.0.2) (4.0.1.5)
2着 (4.1.0.2) (0.2.0.1) (0.1.0.1) (4.1.0.3)
3着 (2.2.0.0) (0.0.1.0) (0.1.0.0) (2.1.2.0)

これが過去10年の1~3着馬のそれぞれの実績です。

この実績を見て複勝圏内に入った馬たちの傾向の仮説を下記の様に立てました。

①阪神芝2200mでの実績がある馬

②阪神コースでの実績がある馬

③1800mで実績がある馬 

④2200mで実績がある馬

この4点を「複勝圏内に入る条件」と仮説を立てました。

但し、この4点の強弱ですが個人的には

②>③>①>④

くらいの順で考えています。

過去の実績を見る限りですが、複勝圏内に入っている馬は概ね阪神コースで良績を残している、と言えるかと思います。

※2017年の勝馬サトノクラウンは宝塚記念を勝つまでの阪神コースの成績は(0.0.0.3)でしたが、1800m・2200mでは良績を残していました。

この仮説を踏まえ今年の出走馬の適正を見てみます。

過去の実績と照らし合わせた距離適性・コース適正 

 

第60回 宝塚記念(G1) 2200m 芝・右
馬名 1800m 2200m 阪神芝2200m 阪神コース成績
キセキ (1.0.1.1) (0.0.1.0) (0.0.1.1) (1.2.2.1)
レイデオロ (出走なし) (1.0.1.0) (出走なし) (1.0.0.0)
エタリオウ (出走なし) (出走なし) (出走なし) (0.3.0.1)
アルアイン (1.0.0.0) (0.3.0.0) (出走なし) (3.0.1.0)
タツゴウゲキ (0.0.2.1) (0.0.0.4) (0.0.0.2) (1.0.2.4)
スティッフェリオ (3.1.0.1) (0.0.0.1) (出走なし) (2.1.0.2)
マカヒキ (1.0.0.1) (0.0.2.0) (出走なし) (0.0.0.2)
ショウナンバッハ (0.0.1.8) (1.0.1.8) (出走なし) (0.0.0.1)
クリンチャー (出走なし) (2.0.0.1) (1.0.0.0) (1.0.1.0)
ノーブルマーズ (1.0.3.1) (2.1.1.3) (1.0.1.0) (2.1.2.3)
スワーヴリチャード (1.1.0.1) (1.0.0.1) (出走なし) (2.1.0.0)
リスグラシュー (1.1.1.0) (1.0.0.1) (出走なし) (1.2.3.0)

この表から導き出される馬は

①キセキ

④アルアイン

⑥スティッフェリオ

⑩ノーブルマーズ

⑪スワーヴリチャード

⑫リスグラシュー

ここらへんが条件合致する馬、と言えるかと思います。
ここで改めて昨日の考察で導き出したそれぞれの条件合致表を再度見てみたいと思います。

第60回 宝塚記念(G1) 2200m 芝・右
馬番 馬名 年齢 非根幹 馬齢 枠順 血統
1番 キセキ 牡5  
2番 レイデオロ 牡5  
3番 エタリオウ 牡4      
4番 アルアイン 牡5  
5番 タツゴウゲキ 牡7        
6番 スティッフェリオ 牡5    
7番 マカヒキ 牡6      
8番 ショウナンバッハ 牡8        
9番 クリンチャー 牡5      
10番 ノーブルマーズ 牡6    
11番 スワーヴリチャード 牡5
12番 リスグラシュー 牝5  

これに今回新たに導き出した【コース実績・距離実績】を加味して一番合致する条件が多かった馬はこちらです。

⑪スワーヴリチャード

と言う結果になりました。

ただ⑪スワーヴリチャードにも懸念材料はあります。

前走ドバイ組はあまり良績を残していない点です。

まあ、それを言ってしまうと他にも色々なデータはあるのでデータの出し方によって選ぶ馬も変わってくるでしょう。

今回はあくまでも僕個人が着目したポイントでの結果がスワーヴリチャードと言う事です。

宝塚記念の予想・考察まとめ 

3回にかけて今年の宝塚記念の考察をしてみましたが、この考察から導き出された馬は⑪スワーヴリチャードとなりました。

後は他の馬とどの様に馬券を絡ませていくかがポイントになりますね。

現時点での僕の印としては、

◎⑪スワーヴリチャード

〇①キセキ

▲⑫リスグラシュー

△⑥スティッフェリオ

△⑩ノーブルマーズ

☆②レイデオロ

って感じですね。

④アルアインをどうするか最後まで悩むと思います(笑)。 

馬券の種類をどうするか悩みどころですよね。

他にも余り触れていない③エタリオウについて。

ローテーションは問題無し、やたら多い2着、鞍上横山典。

2着固定で買いたい気がしなくも無いけどね。。。

財布に余裕があれば、その③エタリオウの2着固定の馬券もアリかな?

でも、ここまで考察したんだからビシッと3連単フォーメーションで仕留めたい気もしなくもないですが、なんせ僕のここまでの回収率は

39%

です。

その39%の回収率のオッサンが本気を出して考察した結果は如何に。。。

乞うご期待!!

相も変わらず駄文を連ね申し訳ありませんでした。

お付き合い頂き誠にありがとうございました!!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村