サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【ラジオNIKKEI賞】過去10年のデータから紐解く予想・考察②

 

f:id:sekiwakedesu:20190629171211j:plain

皆さん、こんばんは!

相も変わらず馬券が一向に当たりません。。。

予想するより鉛筆転がした方が当たるかも知れません。

でもデータ分析だけはやりましたのでご興味あれば覗いてくださいな。

木曜日にラジオNIKKEI賞の枠番確定前の考察をアップしましたが、枠番確定後の考察をやっていきます。

ラジオNIKKEI賞の枠番確定前に考察した見解と枠番確定後の考察を下記に記載します。

前回のは忘れて、この表だけ見て頂ければ考察結果が分かります。

ラジオNIKKEI賞のデータから考察した結果

 

ラジオNIKKEI賞(GⅢ) 1800m 芝・右
枠番/馬番 馬名 斤量 父系 母父系 枠番 福島実績
1枠1番 ギルマ - - - -
1枠2番 マイネルサーパス - - (1.0.0.0)
2枠3番 ダディーズマインド - (1.0.1.0)
2枠4番 ポルーニン - - -
3枠5番 ディキシーナイト (0.0.0.1)
3枠6番 ブレイブメジャー - -
4枠7番 インテンスライト - - -
4枠8番 サヴォワールエメ   - -
5枠9番 ヒシイグアス - -
5枠10番 レッドアネモス - -
6枠11番 ヒルノダカール -
6枠12番 ウインゼノビア - - -
7枠13番 ゴータイミング - -
7枠14番 ブレイキングドーン - -
8枠15番 ランスオブプラーナ - - - -
8枠16番 アドマイヤスコール -

前回の考察から「枠番」部分と「福島実績」を追加しました。

過去のデータを見ると、勝馬や複勝圏内馬全てに福島実績があった訳では無いですが、当該コースに実績を持っている事はプラスポイントであると捉える事が出来るかと思うので一応追加しておきました。

前回までの時点で本命にしようと思っていた⑭ブレイキングドーンが鬼門とも言える7枠に入ってしまったので本命にするには尻込みしてしまいます。

ここは抑えまでに変更。

枠番を踏まえて本命候補に浮上してきたのが③ダディーズマインド。

福島実績もあり、父親もSS系のトーセンホマレボシ。

狙い目はあるかと思う。

まとめ

過去データから考察した限りは中々混戦模様な感じは否めません。

後は明日の馬場状態等を含めて最終的に判断したいと思います。

お次は後程、CBC賞の過去データからの考察をアップ予定です!

では次の機会までサヨウナラ!!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村