サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【2019年 新潟2歳S】過去10年のデータから考察&予想~〇〇騎手の法則が発動!?~

皆さん、こんにちは❕

 

先程のキーンランドCに引き続き、次は「新潟2歳S」の過去データから紐解く考察を行っていきたいと思います。

個人的な話になるのですが、この新潟2歳Sと比較的相性が良く過去に何回か馬券を獲らせて貰っているのですが、ここである法則に気付きました。

その法則は後程記載しますが、若干オカルト要素が含まれるので話半分に見て頂ければと思います。

その法則が発動して欲しいので週中からずっとある事を祈っておりました。

そこらへんも含めご覧下さい❕❕

 

過去データから考察する新潟2歳S 

今回も従来同様着目ポイントは以下の5点です。

  1. 枠番
  2. 馬齢
  3. 血統(父)
  4. 種牡馬別
  5. 血統(母父)

では、順を追ってみていきます。

2019年 新潟2歳S 出走メンバー

f:id:sekiwakedesu:20190823115818p:plain
私の狙い馬は凄く微妙な枠番に入ってしまいました・・・。

何とも言えない気分。

過去10年の結果から紐解く新潟2歳S~枠番別編~ 

ではここからは過去10年間での新潟2歳Sの枠番別の実績を見ていきます。

結果は下記の表をご覧下さい。

f:id:sekiwakedesu:20190820122202p:plain

3枠・5枠を除くと比較的均等な実績となっていますね。

7枠に関しては勝馬こそ出ていないものの、2着が4回と多く複勝率はそれなりの結果を残しています。

3枠は過去1勝を挙げているものの、それだけの結果となり厳しい状況です。

過去10年の結果から紐解く新潟2歳S~血統(父系統)編~

次は血統別(父系統)の過去実績を見ていきましょう。

系統別に別けるとこんな感じです。

f:id:sekiwakedesu:20190820122551p:plain

SS系は延べ出走頭数が多いので過去に5勝を挙げてはいるものの、複勝率で見ると2割を切ってしまっています。

SS系に次いで勝星が多いのはミスプロ系になりますが、こちらも複勝率で見ると2割キープがやっとの状態。

かと言って、他の父系統で良さげな系統が居ないのでSS系統からチョイスするのが正解なのでしょうか???

過去10年の結果から紐解く新潟2歳S~種牡馬別実績編~

上記の父系統で見ると余り推せる系統が無かったので種牡馬別だとどんな状況なのか調べてみましょう。

種牡馬別での成績はこんな状況です。

f:id:sekiwakedesu:20190820123030p:plain

SS系である「フジキセキ」「ディープインパクト」が好成績を残しています。

「父系統」で見るとSS系は余り良く無い成績でしたが、個別で見ると上記の2頭は比較的良い成績ですが、残念ながら今年の出走メンバーに彼らの産駒はいません。

ただ、ディープインパクト産駒であるリアルインパクトを父に持つ「トライフォーリアル」が出走予定。

他にも父ディープインパクトであるキズナ産駒の「クリアサウンド」は要注目かも知れません。

過去10年の結果から紐解く新潟2歳S~血統(母父系統)編~

では最後に母父系統の過去実績を見て、まとめていきましょう。

母父の系統別で分けるとこの様な状況です。

f:id:sekiwakedesu:20190820123839p:plain

母父父に「デピュティミニスター」の血を持つ「ヴァイスリージェント系」が複勝率50%と好成績を残しています。
2014年1・2着のミュゼスルタンとアヴニールマルシェは共にフレンチデピュティ産駒でフレンチデピュティの父はデピュティミニスターです。

2011年の1着馬、モンストールも父がデヒアに代わりますが、デヒアの父はデピュティミニスターとなり、ヴァイスリージェント系です。

恐らくこれを、ヴァイスリージェントの父であるノーザンダンサーまで拡げると、だいぶ枠が拡がりそうなので今回はヴァイスリージェントまでに留めておきます。

今年の出走馬の中でヴァイスリージェント系に該当するのは

「トライフォーリアル」

母父がクロフネでクロフネの父父がデピュティミニスターなり、ヴァイスリージェント系になります。

上記の種牡馬別の項目で述べた様に、父系統で見ると比較的実績は良く無いSS系ながら種牡馬別で見ると好調であるディープインパクト産駒であるリアルインパクトを父に持つトライフォーリアルは血統面から見ると推せる要素はあります。

ある騎手にまつわるオカルトデータ

ここから書く事は「オカルト感」満載な話なので適当に見て頂ければ、と思います。 

冒頭にも記載しましたが、私は新潟2歳Sと比較的相性が良く過去に何度か馬券を獲っている相性の良いレースです。

ワイドだったり3連複だったりと的中券種は色々なんですが、よくよく思い返してみるとある1つの共通点が浮かび上がりました。

その共通点と言うのは

「全て松岡騎手が絡んでいる」

と言う事実でした。

個人的には松岡騎手に思い入れは無いですし、騎手買いする様な事は無いのですが過去に私が的中した新潟2歳Sでは全て松岡騎手絡みです。 

そこで過去新潟2歳Sが1600m戦になってからの松岡騎手の成績を調べてみました。

その表が下記の表になります。

f:id:sekiwakedesu:20190820133640p:plain

過去7戦で(2.1.0.4)連対率・複勝率共に42.8%と素晴らしい成績を残している訳ですが、ある共通点が浮かび上がります。

その共通点と言うのは、

「7・8枠に入った場合のみ好走している」

と言う点です。

まあ、外枠以外に入った馬はそんなに人気している馬では無いので偶然なのかも知れませんが、ちょっと気になる部分です。

しかしながら、この手のネタは気付いたらもう来ないってのがオチですよね(笑)。

そして今回、その松岡騎手は何枠になったのか??

・・

・・・

・・・・

・・・・・

「6枠12番」

すげー微妙(笑)、外枠っちゃ外枠だけども。

それに加えて今回の騎乗馬である⑫ウインカーネリアンは血統的には推しポイントが無いんですよね。

このレースで不振の母父ミスプロ系だし、父ロベルト系も振るわず。

加点材料を挙げるとしたら、

①枠番

②松岡オカルトパワー

ぐらいしか無いんですよな。。。 

軸は決まっているので、相手に選ぶかどうかは日曜まで悩みます(笑)

まとめです

では、上記の各項目をそれぞれ表にまとめました。

こんな感じです。

f:id:sekiwakedesu:20190823121511p:plain

現時点での私の軸候補は

⑤トライフォーリアル

です。

上記で述べた様にこのレースと相性の良い母父ヴァイスリージェント系。

上の表では種牡馬が×になっているものの、これは新種牡馬であるリアルインパクト産駒なので仕方が無い。

そのリアルインパクトの父であるディープインパクト産駒はこのレースでの複勝率が60%と非常に優秀。

枠番別の実績も良く無いが、眼を瞑る。

後は、オカルトを信じて⑫ウインカーネリアンを買うかどうか。

もしくは、他に良き候補馬が見つかるかどうか。

もう少し悩んでみます(笑)

 

それでは、皆さんまたの機会に❕❕

 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村