サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【2019年 ローズステークス】過去10年分のデータから紐解く考察及び予想~サンデー系×ノーザンダンサー系でOK?~

皆さん、こんにちは❕

 

ここ最近、今迄のツケが回ってきたかの様に忙しく仕事に追われています( ;∀;)

「実家の稼業を継ぐ」と言う理由で人が2人減ったり、上司がプチメンタルブレイクで療養中だったりして色んな仕事が私の手元にやってきて、てんてこ舞いです。

長年サボってきた人間からすると激務過ぎて現実逃避しそうな勢いです。。。

欠員が出たので中途採用の募集をしているんですが、全然応募が無い❕

不人気零細企業は募集を掛けても見向きもされない現実。

私の勤務先エリアでの求人募集企業と求職者の数は倍以上違う様で(募集企業の方が求職者より倍多い)求職者様は選り取り見取り。

営業職で募集を掛けている他の企業さんの条件見ると、私の勤め先より条件が良い所が一杯❕

選び放題な状況であれば、こんな零細企業に募集しないわな⤵

ただ1つだけアピール出来る部分がある。

「立地最高、WINSにめっちゃ近いよ」

どうだ❕

競馬好きにはたまらんだろ❕❔

土日に仕事が入ってしまった場合、途中で馬券を買いに行く事は黙認するよ❕

PATじゃ味わえないリアル馬券を手にしてアツくなれるよ❕❕

休日出勤して貰った分、水曜日~金曜日の間に代休取ってくれたら園田競馬場にも行けるよ❕

そんな訳で競馬好きで営業の仕事をしたい方、是非

 

しょーもない雑談はここまでにして、今回は3日間開催の日曜と月曜に行われる重賞の考察及び予想をしていきたいと思います。

まずはローズステークスの考察及び予想をしていきます。

例に寄って過去実績から傾向を掴み、考察~予想と進んでいきます。

過去データから考察するローズステークス

今回も従来同様着目ポイントは以下の4点です。

  1. 枠番
  2. 血統(父)
  3. 種牡馬別
  4. 血統(母父)

では、順を追ってみていきます。

2019年 ローズステークス 出走メンバー

今年のローズステークスの出走メンバーは下記の様になっています。

f:id:sekiwakedesu:20190913115036p:plain

春先から重賞戦線で戦ったきた馬が実力を示すのか、はたまた夏の上り馬がこれまでの勢力図を覆すのか楽しみな一戦です。

過去10年の結果から紐解くローズステークス~枠番編~

では最初は過去10年での枠番別の実績を見ていきたいと思います。

過去10年の実績から見る枠番別の有利不利はこんな感じです。

f:id:sekiwakedesu:20190913085506p:plain

7枠が比較的好調な成績を残しています。

複勝率で見ていくと次いで、2枠→3枠→1枠と言った順で内寄りになっていますね。

5枠とかになってくると「勝つか負けるか」みたいな感じですよね。
では次は過去10年での血統傾向を見ていきましょう。

過去10年の結果から紐解くローズステークス~血統(父系統)編~

ここ10年間で3着以内に入った馬たちの血統傾向を調べていきます。

まず最初は「父系統」から見ていきますね。

結果はこんな感じです。 

f:id:sekiwakedesu:20190913091120p:plain

過去の出走馬の大半がサンデーサイレンス系で埋め尽くされている、と言っても過言では無い様な状況。

だからと言ってむやみやたらにサンデー系から入るのは違うと思うので、種牡馬毎の実績を見てもう少し絞り込んでいきましょう。

過去10年の結果から紐解くローズステークス~種牡馬別編~

では次は過去10年で複勝圏内に来た馬たちのお父ちゃんを見ていきます。

その結果がこちらです。

f:id:sekiwakedesu:20190913091635p:plain

やっぱりディープ産駒なのね・・・。

実績・出走頭数から見ても段違いだよね。

こりゃ、今年もディープ産駒から入るのが正解なのか???

今年の出走馬でディープ産駒は2頭。

他、複勝率で3割を超えているのはハーツクライ産駒は2頭出走。

クロフネ産駒は1頭、キングカメハメハ産駒も1頭と言った感じです。

過去10年の結果から考察するローズステークス~血統(母父)編~

では最後に「母父」の血統傾向を見て終わりにしたいと思います。

過去の実績からの傾向はこんな状況です。

f:id:sekiwakedesu:20190913094608p:plain

延べ出走頭数は少ないものの、母父サドラーズウェルズ系が比較的良好な実績。

他にも母父グレイソヴリン系も延べ頭数は少ないが良好な実績を残している。

母父ヴァイスリージェント系や母父ヌレイエフ系も良いが今年の出走馬で該当する馬が居ない。

もう少し網を広げてみると今年の出走メンバーに該当する馬は居ないけど、母父ヌレイエフ系や母父ダンチヒ系の父である「ノーザンダンサーの血を持っている馬」、まで網を広げると広げ過ぎかな?

サドラーズウェルズもヌレイエフもダンチヒもそれぞれノーザンダンサーの直子。

ただそこまでになると5代血統表を結構遡らなければいけなくなるのと、だいたい5代目くらいにノーザンダンサーの血が入っている馬が多くなるので、母父系統で見る場合に有力なのは母父父にサドラーズウェルズを持っている⑩シゲルピンクダイヤかな。

他、有力所だと母父グレイソヴリン系に該当するのが④ダノンファンタジー。

母父がノットフォーセール→パレードマーシャル→カロと続くグレイソヴリン系。

因みにこのノットフォーセールっちゅうのはドバイ初の三冠馬になったアジアティックボーイのお父ちゃんなのね。

まあ私も、アジアティックボーイって言ってもレース見た事無いし名前しか知らない、薄~い知識しか持っていないけどね😢

過去データから考察するローズステークスのまとめ

ここまでに過去データを見てきて、今年の出走馬にデータを反映させて表がコチラになります。

f:id:sekiwakedesu:20190913115347p:plain

こうやって見ると④ダノンファンタジーが良さげな感じはするが、マイラーっぽいこの馬に1800mの距離は大丈夫かしら?

でも人気するだろう、想定では1番人気。

他で良さげなのは⑩シゲルピンクダイヤと⑪ビーチサンバかな。

⑩シゲルピンクダイヤは父ダイワメジャーってのが少し難点。

過去10年でのダイワメジャー産駒は(0.0.0.7)と振るわず。

2017年のミリッサの4着が最高。
ただダイワメジャー産駒自体の阪神芝1800m実績はそこまで悪くないので、その部分をどう捉えるか。

⑪ビーチサンバは主だったマイナス面は無いが前走オークス15着から巻き返せるか。

お母ちゃんのフサイチエアデールはこのレースで2着、 と言っても当時と現在では距離が違うので一概に言えないけどね。

お母ちゃんを持ち出すなら⑤モアナアネラも外せないよね。

何と言っても母はジェンティルドンナ。

2012年のこのレースの勝馬。

⑫スイープセレリタスのお母ちゃん、スイープトウショウも2004年3着。

いやー、分からんくなってきたね(笑)

 

こりゃ、オッズと相談しながらどうするか馬券を決めるしかないね。

 

では、次はセントライト記念の考察で❕

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村