サボリーマンがポイ活と競馬予想でお小遣いを稼げるか検証してみる

勤労意欲低く、志も低い完全なるダメリーマンな上にサボリーマンであるクズの悪あがき。収支帳代わりにブログを書いていきます

【府中牝馬ステークス 2019年】過去10年分のデータから紐解く予想及び考察~馬場状態によって選ぶ馬が変わる~

先程の引き続き、今回は「府中牝馬ステークス」の考察をやっていきたいと思います。

少し前に発表があった様に明日明後日の東京競馬場での開催は台風により中止と発表がありました。

そりゃそうですよね、無理でしょう。

発表が少し遅い気がしなくもないですが、この「府中牝馬ステークス」に関しては元々3日間開催の月曜日に行われる予定なので現時点では開催される模様です。

枠番発表前にはなりますが、現時点での考察を行っていきます。

過去データから考察する府中牝馬ステークス

例に寄っていつもの着目ポイントに沿って考察を行っていき、最終的にまとめていきたいと思います。

今回の着目ポイントは5つ+まとめ

  1. 枠番
  2. 馬齢
  3. 血統(父系統)
  4. 血統(種牡馬別)
  5. 血統(母系統)
  6. まとめ

以上をそれぞれ過去10年間での複勝圏内に入った馬のデータを基に傾向を見出し、考察していきたいと思います。

 

それではどうぞ‼️

2019年 府中牝馬ステークス 出走馬

 

先程も記載しましたが、まだ枠番発表前なのであいうえお順で出走馬を記載していきます。

f:id:sekiwakedesu:20191011175949p:plain

以上16頭が今回の出走メンバーになりますが、ほぼサンデー系埋め尽くされている状況。。。

過去10年間での結果から紐解く府中牝馬ステークス~枠番別編~

最初は過去10年間での枠番毎の成績を見ましょう。

結果はこんな感じでした。

f:id:sekiwakedesu:20191011180352p:plain

外枠の8枠・7枠が好調な成績を残していますね。

逆に6枠は少しお寒い結果となっています。

他はだいたい似たり寄ったり。

どの馬がどの枠に入るか注目です。

過去10年間での結果から紐解く府中牝馬ステークス~馬齢別編~

次は馬齢別の実績を見ます。

馬齢はあくまでも参考程度でいいかと思います。

f:id:sekiwakedesu:20191011180639p:plain

4歳・5歳勢が中心ですが、6歳勢も侮れない状況。

3歳馬も過去に2頭しか出走していませんが、いずれも複勝圏内をキープしています。

今年の3歳馬はジョディ―がいますが、果たしてどうなるか。。。

過去10年間での結果から紐解く府中牝馬ステークス~血統(父系統)編~

ではここからは過去10年間で複勝圏内に入った馬たちの血統傾向を探っていきたいと思います。

まず最初は「父系統」から見ていこうと思います。

結果はこの様な感じでした。

f:id:sekiwakedesu:20191011180959p:plain

複勝率こそ21%ですが、分母が大きい中でこの数値を残すサンデー系を見過ごす訳にはいかないですよね。

他の系統で高アベレージを残している系統もありますが、分母がサンデー系と比べて違い過ぎる部分があります。

それと、リピーターも多いレースなのでその分数値を稼いでいる部分もありますが、リピーターとして来ると言う事はその血統傾向はこのレースと相性が良い、とも取れるかも知れませんね。

この表で見る限り、父ヴァイスリージェント系は2013年・2014年のホエールキャプチャ(父クロフネ)を筆頭に実績を叩き出していますが、ホエールキャプチャ以外にも父フレンチデピュティ産駒が2度複勝圏内に絡んでいます。

しかしながら今回の出走馬で父ヴァイスリージェント系は不在。

今回の出走馬中、16頭中13頭がサンデー系と言う状況。

必然的に「どのサンデー系を選ぶか」と言う状況になっています。

過去10年間での結果から紐解く府中牝馬ステークス~血統(種牡馬別編)~

ここでは過去10年間での「種牡馬別」の成績を見ていきます。

今回のレースの様にサンデー系が出走馬の大半を占める中、どのサンデー系が過去成績が良いのか見たいと思います。

結果はこんな感じでした。

f:id:sekiwakedesu:20191011182212p:plain

勝利数ではマンハッタンカフェ産駒が2勝と一番良績を残していますが、今回の出走馬で父マンハッタンカフェ産駒は不在。

恐らく、マンハッタンカフェ産駒は非根幹距離適性の高い馬が多い傾向があるので、その部分の影響もあったのかも知れません。

そうなると1着実績は無いものの、圧倒的な複勝率を残しているディープインパクト産駒を中心に考えていくしかなさそうですね。

後は馬場状態がどこまでの状況なのか、という部分を加味して検討していきたいと思います。

ディープインパクト産駒も道悪成績は悪くはないですが、道悪適性も踏まえて最終的な判断が必要かと思います。

過去10年間での結果から紐解く府中牝馬ステークス~血統(母父系統)~

では最後に「母父系統」の過去データを見てまとめていきたいと思います。

結果はこんな状況です。

f:id:sekiwakedesu:20191011183045p:plain

母父でもサンデー系が優秀な成績です。

分母数が違うので一概に言えませんが、母父ダンチヒ系も優秀。

延べ頭数9頭が過去10年で出走し、3頭(ドナウブルーが2回)が馬券に絡んでいると考えれば非常に優秀と言えるかと思います。

他に良好な成績を残している系統の馬は今回出走しません。

従って、母父系統でもサンデー系を選ぶかダンチヒ系を選ぶか、と言った状況です。

2019年 府中牝馬ステークス~まとめ~

では最後にここまでのデータを基にしたまとめをしていきたいと思います。

表にするとこんな感じでした。

f:id:sekiwakedesu:20191011183952p:plain

枠番確定前なので暫定ですが、現時点でマイナス要素が無いのは、

ダノングレース

プリモシーン

2頭になります。

現時点の予想オッズではプリモシーンが1番人気想定。

対するダノングレースは13番人気想定(70倍程度)。

この2頭は共にこのレースで4回馬券に絡んでいる、

父サンデー系×母父ダンチヒ系

の血統を持つ馬でもあります。

ただ過去馬券に絡んだこの組み合わせは血統表の3代目にダンチヒが居る構成でしたが、今年の2頭は共にダンチヒの直子であるデインヒルを挟んでいます。

デインヒル=スタミナ・馬力ですから、母の父としてサンデー系のスピードにパワーを補完しているイメージですかね。

ただ、ダノングレースに関して言うと馬体重が示す様に(420~30㎏)馬格がある方では無い。

しかしながら両馬共に道悪適性に関してはな部分も。

馬場状態が「良」であれば素直にプリモシーンを軸にしたいと思うが、馬場がどこまで回復するか注目。

土日と競馬開催が無いので芝は痛まないと思うので、当日の状況確認必至ですね。

仮に、泥んこ馬場だった場合の馬も検討しておかなくてはいけない。

ここからは過去の血統成績を度外視して、各馬の血統構成からの道悪巧拙想定をしたいと思います。

稍重~重馬場での実績をピックアップしています。

エイシンティンクル

重馬場実績

(1.0.0.2)だが、負けた2戦は稍重で勝ったのは重馬場。

母父ストームキャットで馬格もあるので重馬場大丈夫なんじゃないの😙(適当)

クロコスミア

重馬場実績

(2.1.1.4)と2017年の稍重開催のこのレースの勝利実績あり。

重馬場のローズステークスでも2着あり。

母父ボストンハーバーはボールドルーラーの流れを汲む米国血統。

パワータイプの血統だと思うし、お父ちゃんのステイゴールドも重馬場OK。

論より証拠で、この馬の実績を見れば適性はありと見れると思う。

ジョディー

母父モンズーンは英国血統のブランドフォードの流れを汲むドイツ血統。

重馬場実績

(0.0.0.2)と稍重で2度4着。

この時点で判断出来ないが、血統から見ると重馬場は大丈夫な感じはする。

ソウルスターリング

上記のジョディ―と同様、母父モンズーン。

重馬場実績

(0.0.1.2)と稍重で3着一回。

不良馬場だった天皇賞秋で6着の成績も。

父もフランケルなので密かに道悪自体は下手では無いと期待している。

ディメンシオン

母父モンジュー、その父サドラーズウェルズと言うコテコテ欧州血統。

重厚さ半端無い。

重馬場実績

(2.0.0.2)重馬場で2勝、しかしアッサリと重馬場で負けた事も。

 

血統的に重馬場適性高そうな馬をピックアップしましたが、他にも居るかも知れないけど疲れたのでここまで😢

先程から言っている様に、当日の馬場状態を踏まえて最終的に決めたいと思います。

って、そもそも開催されるのかな?

 

では、また👋

 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村