サボリーマンが宝塚記念と有馬記念で帯馬券を目指すブログ

まだ見ぬ「帯馬券」獲得を目指して宝塚記念と有馬記念で帯獲得を目指す。両レースでの資金はそれぞれのレース開催前日までに的中した馬券の儲けを全て貯めて、貯まった分を全額投資。ワイド馬券に希望を託し、一流のワイダ―になる事がもう1つの目標。

デトネーター Vol.1

「カァ~カァ~」

 

カラスの鳴き声を目覚まし代わりに目を開く。

デジタライズされた刺々しい電子音に起こされる事を思うと何だか気分がよく、気持ちのいい一日を過ごせそうな予感がする。

まだ外はひんやりとした空気を纏っている時間帯。

遮光性の高いカーテンを開くと、控え目な陽の光が挨拶をしてくれる。

 

テーブルの上に目を遣ると、メモ用紙に4~9文字前後のカタカナを横書きに何個か書いては傍線を引いたりバッテンやマルで囲ったりした形跡がある。

そのメモ用紙をクチャクチャに丸め、全盛期のレジー・ミラーの3ポイントシュートを彷彿とさせる様な放物線を描き、ゴミ箱に放り込む。

「うしっ」

 

どこかに出掛ける訳でも無いがシャワーを浴び、体を眠気から叩き起こす。

シャキッとしたら身支度をしてジェルで髪の毛を整える。

365日変わる事の無いルーティン。

 

そういや最近、月に数回通っていたメシ屋が潰れていた。

社会人になりたての頃から通っていたからもう10数年のお付き合い。

コロナ騒動も幾分落ち着いたので久しぶりに顔を出そうと思って足を運んだら貼り紙一枚。

【閉店します 店主】

既にその貼り紙は所々破れており、日付も書いてないので、いつ閉店したのかも分からない。

行き交う人は気に止める事無く足早に過ぎ去って行く。

元々そこにお店なんか無かったかの様に。

「キットマボロシサ」

心憎い別れ方をしてくれるじゃないか。

予期せぬ別れを前に、最後に食べたその味の記憶を辿る。

上手く思い出せない。

こちらのタイミングで別れを選ばせてくれる事なんか稀なんだろうな。

 

改めて心の中で行きつけだったメシ屋に感恩戴徳の意を送り、先程丸めて捨てたメモ用紙をそっと取り出し改めて読み返す。

「◎⑬ヴァンドギャルド」f:id:sekiwakedesu:20200607094336j:imagef:id:sekiwakedesu:20200607094346j:image

サドラーの血が疼いてきただろ?

前評判だけで見ると、アーモンドアイが九分九厘勝つのかも知れない。

鉄板を鉄板と見抜けない馬鹿と嘲笑されようとも構わない。

でも博打に「鉄板」「絶対」って言い出すのはナンセンスだろ?

14頭出走の内、勝てるのは唯1頭。

アーモンドアイが勝ったとて1.4倍前後の配当しか得られないのであれば、逆に張ったって罰は当たらんだろ。

と言いつつ、ワイドの紐にアーモンドアイを選んでいるあたりが、臆病者たる所以だな。

 

でも、3,000円で少しの夢を見させてくれるって考えれば安いもんだろ?

 

そうだろ?

岩田望来くんよ

 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村